被災宅地の抵当権解除へ 県内の信金など

被災宅地の抵当権解除へ 県内の信金など

--------------------------------------

集団移転の障壁となっている被災宅地の抵当権について、県内の信用金庫や農協、漁協の大半が、ローンが完済されなくても解除する方向で検討していることが、読売新聞の調べでわかった。

県銀行協会も加盟26行に抵当権の解除を呼びかけており、七十七銀行や仙台銀行などが応じる方針を示している。被災者と直接向き合う地域の金融機関も多くが前向きで、集団移転の進展に大きく貢献しそうだ。

--------------------------------------

 

 

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20121113-OYT8T01494.htm

 

確かに、今回のような特殊なケースでは色々と抵当権についても、既存と異なる柔軟な対応は必要かもしれませんが、、金融機関の事情もあるので、難しい問題です。