景気の後退感か総選挙の影響か?

不動産の「買い時感」にブレーキ

http://www.jutaku-s.com/news/id/0000017871

 

全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会の行った不動産の調査によると、不動産の買い時かどうかについて「分からない」という回答が増えているそうです。

 

16日に総選挙が控え、今後の情勢や消費税アップなど環境がどうなるか不透明な部分が多いからでしょうか。

 

逆に言えば、選挙が終了して明確な方針が打ち出せればといったところです。

 

来年はどうなっているか、後1週間ほど様子を見ていく必要があります。

 

 

 

不動産の売却に来年から力を入れていきたい方、今以上に売上を伸ばしたい方。

ぜひ、不動産レーダーに一度お問い合わせ下さい。