住宅の購入が活発化する予兆

消費税の増税見込に伴う購入活発化の可能性

全国宅地建物取引業協会が行ったアンケートで、回答者の25%が住宅は今が買い時と回答している。

 

全宅連が調査/4人に1人が“住宅買い時”、「消費税上がる前に」が理由( 2012年12月06日 )

 

また、不動産会社に求める事のトップとして「地域情報や取引に関する法律や制度等の情報を詳しく説明してもらえること」という点を挙げている。

 

当たり前だが、一般ユーザにとって不動産の購入は一生に一回あるかないか。

不安を取り除くことが必要となる。

 

WEBサイトでできること、できないことはあるが、簡単にできる事としては「顔が見える+何ができるかが分かる」「地域情報が分かる」といった点があるだろう。WEBサイトの技術はスマートフォン等どんどん進化しているが、最終的にはコンテンツが鍵。その点を忘れずにWEB運営を考えたい。

 

 

購入者を引き付ける差別化要素として「自社物件」。

売却の見込客の獲得支援する「不動産レーダー」にぜひお問い合わせ下さい。