法改正で課税対象者急増予想 相続税対策、信託銀など活用

消費増税が目前に迫るが、来年1月1日施行の相続税改正にも注目が集まっている。相続税は現在、5000万円と法定相続人1人当たり1000万円の合計が 基礎控除額となっているが、改正後は3000万円と1人につき600万円に引き下げられ、地価の高い大都市圏などで課税対象者が急増する。

 

 

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140314/trd14031407440009-n1.htm

 

------------------

 

相続に関する不安を解消する術を紹介しています。