「基礎控除引き下げ」で相続税は2倍へ 土地持ち直撃の“隠し玉”にも要注意

2015年以降の相続は波乱含みだ。都心に自宅があれば、ほかに大した資産がなくても相続税が発生する可能性があるからだ。その上、土地を売って納税資金 を捻出する際の特典もなくなる。もともと、相続は早めの対策が肝心である。親族の話し合いがこじれれば、申告の期限の10ヵ月はあっという間に過ぎる。相 続対策は「相続が発生する前」に行うことが鉄則だ。

 

 

http://diamond.jp/articles/-/49384

 

----------------

 

早めの相続対策。何をどうすればいいのか、一挙に紹介します。