戦略特区、起業手続き1カ所で 官民窓口共通に

政府は地域を限って規制緩和を先行させる国家戦略特区で、起業の際に必要な官民の手続きを一元化する窓口を年内に新設する。登記や税務、年金などの行政手続きにかかる時間を1週間程度に半減し、電気やガス、電話回線の申し込みも同じ場所でできるようにする。窓口は英語にも対応し、海外からの企業誘致を後押しする環境を整える。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400B_V10C14A6MM8000/

-------------------------------------------------------------------------------------