相続登記業務学ぶ 高校生が司法書士体験

司法書士の仕事を知ってもらおうと、茨城司法書士会(鯉沼和義会長)は4日、水戸市五軒町の茨城司法書士会館で、高校生を対象とした一日司法書士体験を開いた。「司法書士の日」(8月3日)に合わせた取り組みで、今年で3回目。1〜3年の高校生男女14人が、裁判や登記などの司法・登記制度を学んだり、相続登記書類の作成や申請を体験したりした。

鯉沼会長が「学校生活では味わえない経験であり、将来に役立ててほしい」などとあいさつした後、生徒たちは「一日司法書士」を委嘱された。

 

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14071505590432

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------