不動産の相続手続きとは?

土地や建物など、不動産を相続する時、まず行うのは「不動産登記」だ。

  不動産登記とは、被相続人(亡くなった人)から相続人へ名義変更を行い、不動産の権利を確定すること。手続きの時に準備するものは、固定資産評価証明書や被相続人と相続人全員の戸籍謄本、相続人の実印、印鑑証明、住民票など。必要書類を集めるための時間と手間がかかるため、司法書士など専門家に依頼することが多い。

 

http://www.townnews.co.jp/0202/2014/09/05/250238.html

------------------------------------------------------------------------------------