不動産仲介業者様の悩み

既存の地主とのお付き合いで物件の仕入れはある程度できているが、先細りは目に見えている・・・。新しい地主を開拓する為にチラシをまいたり、ホームページで売却査定ページを作成しているが、あまり効果がでない。

仕入れ担当営業マンは地域を歩き回り、足で探す仕入れのみしか行っておらず、ポータルサイトの査定を試してもコンペ負けしてしまう。仕入れ担当営業マンは疲弊気味の為、効率的に物件査定をとりたい。

 

問題点

  1. 新しい地主開拓の方法が分からず、売却査定がとれない
  2. 仕入れ担当営業マンが足で稼ぐ営業しか行えておらず、非生産気味。

解決方法

不動産レーダーを利用することで、「相続が行われた」「差押えや仮差押えが起こっている」といった不動産売却の可能性が高い物件の情報を抽出できますので、効率的に売却査定の獲得が可能です。

例えば、今まで、地域に根拠なく配布していたチラシや営業電話を「相続が発生した物件のみ」に行うことで、量・時間を減らし効率的に不動産売却の営業を行うことが可能です。

また、売却見込みの高い相続物件や差押え・仮差押え物件のみに訪問できるため、新人営業マンの成功事例獲得や教育にも最適です。

不動産レーダーにご興味頂けた方は・・・