不動産投資業者様の悩み

投資用物件の仕入と販売先は各々動いており、情報の共有ができていない。情報の取得元がそれぞれのため、コストがかかりすぎている。また、投資先ユーザーリストが枯渇しており、同じリストに何度も電話営業を行っている。

問題点

  1. 投資先見込み客リストがなく、リストが枯渇してる。
  2. 仕入元不動産情報と投資先見込み客情報の獲得が相乗効果を果たしておらず、コストが圧迫している。

解決方法

不動産レーダーの相続登記や抹消登記の情報を効率的に利用することで解決します。

 


相続登記を活用する

戸建てやマンションなどの相続が行われた場合、不動産を売却する可能性が通常よりも高まります。
相続を行った所有者に対して営業を仕掛けることで、「売却=不動産の仕入れ」が可能となります。

 

また、相続を行ったばかりのユーザーに対し、投資用不動産購入の営業をしかけることによりキャッシュが円滑な方へアプローチが可能です。

抹消登記を活用する

抹消登記が行われた場合、「抵当権の抹消を行った」可能性があります。


「抵当権を抹消した人=住宅ローンを完済した人」となりますので、資金に余裕ができており、投資用不動産購入の営業を仕掛けることが可能です。


不動産レーダーにご興味頂けた方は・・・