税理士様の悩みを解決します

相続税の還付請求をサービスの一つに行っている。

 

更生の請求、更生の請願を税務署に行い成果報酬型でお客様から費用を頂いている。


しかし、相続の発生した見込み客開拓発掘が難しく、登記簿謄本を軸に探しても5年以上経過している相続が多い。

 

また、ランダムで登記簿謄本を取得している為、謄本取得費用及び分析を行う人件費もかさみ、費用対効果が合わない。

問題点

  1. 直近5年以内で相続が行われた見込み客がどこにいるのかが分からない。
  2. 登記簿謄本を軸に分析を行っているが、登記簿謄本取得費用及び人件費の割が合わない。

解決方法

不動産レーダーを導入することで、ピンポイントで5年以内に相続が行われた方の情報を洗い出しできます。


不動産登記情報を軸に登記簿異動情報をご提供している為、全てのデータが不動産相続を行った方の情報です。

不動産レーダーを利用することで、相続税の還付を行う機会を持っている見込み客が発掘できますので、効率的・効果的な相続情報の洗い出しや見込み客へのアプローチといった営業活動が可能となります。

参考資料ダウンロード

ダウンロード
kanpu.pdf
PDFファイル 311.8 KB

不動産レーダーにご興味頂けた方は・・・